経験は人生の肥やし

寿司が好きな人こそアルバイトしよう

寿司屋でのアルバイトで求められるのはホール・キッチンともに何と言っても清潔感!髪の毛はもちろん、爪などの指周りも他人からは意外と目に付きます。男子ならばヒゲや鼻毛は伸びていないか、仕事前にチェックしましょう。いまや低価格の飲食店でのランチなどは気軽に利用できるようになりましたが、ファストフードやラーメンなどと違い、寿司屋へは誰もが「今日は美味しいものを食べるぞ!」と喜び勇んでやってきます。また、何かのイベントや嬉しい出来事をお祝いするために家族連れ・グループでやってくることも多く、それらの気持ちに応えるべくホールは元気な声で挨拶できることが大切です。そしてどこに配置されても求められるのは手際の良さ。キッチンなら洗いものやシャリ・ネタの準備、場所によっては揚げ物や茶碗蒸し、麺類の調理もあるため手順を覚えるのに最初は苦労の連続ですが、魚のさばき方や切り方、巻き寿司のコツなどプロならではの技を教えてもらえるので、これらをマスターできれば一生ものですし、この道を極めたいと開眼するかもしれません。接客主体のホールならば手際よく誘導するのはもちろん、同僚との連携を図りながら効率よく店内が回転しているか、誰もが気持ち良く食事ができているか、常時気を配ることが求められます。お寿司が好きだからアルバイト、という考えは甘いという人もいますが、そんなことはありません。好きな気持ちがあればこそ、その美味しさを他人に分かってもらいたいという心理が芽生えます。自分が苦手なモノの、その良さを知らずして他人に上手く伝えようなんて出来るハズがありません。好きだから笑顔で届けたい、働き続けたい、これこそが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です